Viage(ヴィアージュ)ナイトブラの洗い方について

女性なら気になる寝ている間のバストアップケア、ナイトブラの中での定評のあるのがviageです。毎日寝る時につけるこのナイトブラですが、洗濯に関してはどのようにしたら良いでしょう。勿論ブラの種類によっても違いはありますが、Viage(ヴィアージュ)についての洗濯に何する情報をまとめていきます。直接肌につけるものですから、清潔さは何よりも大事です。でも繊細なこの下着、洗濯をどのようにしたら良いのか迷ってしまっている人、参考にして下さい。

Viage(ヴィアージュ)は一晩着けたら洗濯したほうがよい

下着というものはデリケートな肌に直接触れるものです。そしてこの肌からは、汗や皮脂が刻々と分泌されてきます。起きて行動している特は勿論のこと、寝ているときだって身体は決して止まってはいないのです。寝ている間にかく汗の分量、200ccくらい出ているということ、知っている人は多いでしょう。これは全身にかく汗の量ですので、胸の部分に集中してということはありません。しかしかなりの汗がナイトブラの下の肌から出て、それがブラに吸い込まれていることは事実ですね。

加えて寝る前の肌のお手入れで使用したボディクリームなどの残滓も、ブラに吸い込まれていきます。これを放置しておくと雑菌も繁殖しますし、匂いも出てきます。何よりも肌をその雑菌で傷めることにもなりかねません。

viageで使用している素材はしっかりとしたものですが、こういった汗などの分泌物をそのままにしておくと、素材の劣化も早まります。自分の清潔さを保つためにも、viageの寿命を伸ばすためにも、一晩着けたら洗濯することをおすすめしたいですね。

>>今すぐヴィアージュを体験してみる

Viage洗うなら手洗いがベスト?

ナイトブラのような下着は、そもそも作り自体が繊細にできています。形が崩れてしまうと、使用しても効果がなくなってしまいます。なので手洗いで優しく洗うのが、最もおすすめになるのです。viageの殆どの部分はナイロン製です。脇の部分には綿が使われています。全部がナイロン製ならば、弱アルカリ性の洗剤でも充分ですし、洗浄力も強いです。しかし綿も利用されていますし、ここはできるだけ素材に優しい中性洗剤を使用しましょう。中性洗剤をぬるま湯に溶かして、優しく振り洗いします。つけ置き洗などは素材が痛む原因になりますので、しないほうがよろしいですね。洗剤をきれいに流して終了します。すすぎは3回位するのがベストです。終わったら大きなバスタオルなどに包んで、水気を軽く飛ばして下さい。他に気をつけることは、塩素系の漂白剤や蛍光増白剤の使用です。特に蛍光増白剤については、これが入っている中性洗剤もありますので、色物のブラを洗う場合には充分に注意して下さい。

Viage(ヴィアージュ)を洗濯機で洗う場合

手洗いが一番だということはわかっていても、でもどうしても洗濯機でという場合もあります。viageはもちろん洗濯機でも洗濯は可能です。ブラジャーというのは単に置いておくだけでも立体になっている下着です。なので洗濯機での洗濯の場合、まずこの形を崩さないということに注意を払って下さい。ネットを使用することは勿論ですが、ブラジャー専用のネットを使うと一層安心です。ブラジャー専用のネットは、それ自体が立体に作られているので、型崩れを最低限押さえてくれるのですね。

Viage(ヴィアージュ)をネットに入れる時には、真ん中の部分を折りたたんで膨らみの部分が潰れないように整えてからネットに入れます。この時に形を潰さないように、他の小さな下着を利用することも考慮に入れてみて下さい。崩れてほしくない部分にうまく当てておけば、一層型くずれを防ぐことが可能です。使用する洗剤は中性洗剤がおすすめです。

>>VIAGEを2枚セット買って洗濯ネットもらおう

Viage(ヴィアージュ)を洗濯する頻度は?

洗濯の頻度としては、何よりも1回の使用で洗濯が最も望ましいです。雑菌の繁殖を抑えるためにも、それに伴う清潔さを保つためにも、できれば一晩使ったviageは洗濯しておきたいものですね。ただどうしても、毎日洗濯は無理という人も勿論います。なので同じものを数日続けて使用してしまう、と言う人少なくはありません。洗濯の時間と手間が取れない場合、こういった事になってしまいますね。なのでこういう人の場合は、複数のナイトブラを用意しておきましょう。

週に2回の洗濯が出来るならば、3枚のViage(ヴィアージュ)があれば毎日交換ができます。後はまとめて洗うことが可能です。1枚のナイトブラを毎日洗濯するのも良いのですが、複数のナイトブラを上手く利用すれば、洗濯の頻度も減りますし1枚の劣化も少なく済みます。新しいものに着替えるのは毎日は望ましいですが、洗濯自体の頻度としては何枚かのViage(ヴィアージュ)があればあまり多くなく済むということですね。

>>VIAGEを2枚セット買って洗濯ネットもらおう

Viage(ヴィアージュ)を干す場所は

最も望ましいのは、いわゆる陰干しです。衣類の劣化も少なく済むのが、風通しの良いしかし直射日光の当たらない場所での、陰干しなのです。非常にデリケートな下着であるViage(ヴィアージュ)も、勿論陰干しが推奨されます。洗濯後にタオルなどに包んで大方の水分を飛ばしたら、風通しの良い日陰に干して下さい。この時に注意したいのは、左右対称に干すということです。カップの形を整えて、シワを優しく伸ばしてからアンダー部分を2ヶ所ピンチで挟んで干します。おすすめとしてはリビングの窓の近くで、直射日光の当たらない場所とか、庭やベランダの木の陰になった場所です。浴室でと思う人もいるかも知れませんが、浴室乾燥機のある場合は乾燥機を使用しないで下さい。生地が傷んでしまいますよ。

Viage(ヴィアージュ)に乾燥機はOK?

一言で言えば、使用不可です。普通のブラでもそうですが、生地の痛みの原因になるのがこの乾燥機です。

特にviageの場合、本体の部分の殆どが、ナイロン製です。乾燥機がぐるぐる回って乾燥させている間に、その熱だけで生地が劣化してしまうのです。加えてそのぐるぐるでもブラが伸ばされて、形が崩れる原因になるのです。熱を加えるという行為自体が、viageの型くずれを起こし、しかも劣化を招きます。長持ちさせるためにも、乾燥機の使用は絶対に避けてくださいね。浴室乾燥機も、使用不可と心得ておいて下さい。

消耗品だから複数あると便利?

ブラジャーにしても普通の洋服にしても、実際のところ消耗品であることに変わりありません。身につけるものというのは、着ている間にも劣化していくものだからです。

viageも消耗品であることは事実です。ただ消耗品だからというだけで、複数用意したほうが良い、というわけではありません。何かあった時にすぐに代わりの1枚があるというのは、勿論心強いです。それに加えて、洗濯の頻度の問題もあります。洗濯を早々毎日できない場合、複数枚のviageがあれば安心して夜を過ごせます。清潔さのキープという点でも、安心ができますね。靴や洋服でも同じことですが、同じものをずっと着たり履いたりしているよりも、着替えや履き替えをしていたほうが劣化は少ないのです。viageも複数枚の交代の使用で、より長持ちさせることが出来るのです。

まとめ

大事なバストラインの維持のために、ナイトブラは欠かせません。Viage(ヴィアージュ)はきれいな胸の維持に一役買ってくれるナイトブラです。viageのお手入れを正しくすることは、自分の胸のお手入れをするのと同じことです。優しく洗濯して扱ってあげて下さい。

>>今すぐヴィアージュを体験してみる<<

→Viage(ヴィアージュ)の口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です